いつから「恋愛結婚」が主流に?/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
一方、昭和中期にあたる1960年代から「お見合い結婚」ではなく、「恋愛結婚」するカップルの数が増えはじめました。第二次世界大戦後になって日本でも男女共学の開始や、女性も男性にまじって仕事をすることが普通という風潮が生まれた結果です。

これと同時期の昭和中期になった頃、結婚したい男女とその家族がホテルのラウンジや料亭の一室に晴れ着で集まり、会食を共にするという「お見合い」システムが一般化したようです。いかにも古式ゆかしいイメージがありますが、本当に昔だとこういうことすら倫理観が邪魔して出来なかったのですね。

2000年代には一説に87%近いカップルが恋愛の結果、結婚する…つまり恋愛結婚こそが結婚の主流というように日本の結婚の歴史は動いていきました。つまりこれは、結婚生活の維持だけが女性のなすべき第一の仕事ではなくなったという大きな変化があったことを意味しているのです。