いいセックスって?ちょっぴり意外なセックスとキレイの関係 | 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

いいセックスって?ちょっぴり意外なセックスとキレイの関係

●セックスをするとカラダはどうなる?
セックスをすると、性器と中枢神経を「快感の電気信号」が行ったり来たりして、 筋肉を極限まで緊張状態にさせて最終的にオーガズムを生むというメカニズムがあります。

オーガズムとは快感のピークのことで、「極めて心地よい心身状態を全身で体感できるもの」。

しかし、セックスは気持ちいいだけのものではありません、人はセックスをすると脳内にさまざまなホルモンが分泌されます。

その一つは、愛情を深め、脳を癒す愛情ホルモン「オキシトシン」。

他には、不安やストレス、カラダの痛みまでも軽減する、別名・脳内麻薬の「βエンドルフィン」。

また、恋愛ホルモンとも呼ばれ、やる気や期待感を高めるという「ドーパミン」。このホルモンはセックス前から分泌されるようです。

つまり、セックスの時の肌のふれ合いの心地よさ、愛撫の気持ち良さ、オーガズムの快感は、「快感の電気信号」と「ホルモンの分泌」により起こるわけです。

●セックスのいい影響って?
セックスがカラダに与える影響は、「快感」・「ホルモンの分泌」・「運動によるカロリー消費」の3つ。

「快感」は、子孫繁栄の行動(セックス)への誘導材料でもあり、オーガズムを感じているときの膣のけいれん運動は、精子を運ぶための大切な動きともいわれています。

また、「ホルモンの分泌」は、相手との親近感やパートナーシップを深めたり、癒しや不安の軽減、心地よさを与えてくれるので、精神面へのいい影響が大きいようです。

そして、「運動によるカロリー消費」は嬉しい副産物とも言えます。海外の研究チームによれば、1回1時間のセックスは、30分のジョギングを行った場合と同等の運動量であるとか。

しかし、いろいろ検証してみると、セックスがカラダにもたらすことは子孫繁栄のための誘引と、精神的な充実感や癒し、そして、運動によるカロリー消費のみ。

女性ホルモンが分泌されるとか、胸が大きくなるとか、肌がキレイになるとか、そんな話は一体どこに行ってしまったのでしょう?
| 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」