「妊娠」「出産」は夫婦の仕事 /愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

タツノオトシゴのオスは、稚魚がある程度の大きさになると、尾で体を海藻に固定し、体を震わせながら「出産」します。これでようやく、オスの妊娠・育児・出産という大仕事は終了となります。子どもが生まれてから一人で社会に出て行くまで、一貫して子どもを育み守る。この姿は、まさに現代社会の女性が求める「イクメン」の姿ともいえるかもしれません。

日本の人間社会では、男女の給与差が小さくなり働く女性が増えている中でも、まだまだ男性は、

「家事・育児を『手伝ってあげる』」
「『お迎え』は母親の仕事」
「休みの日の食事は妻が作る」

のように考える人が多いかもしれません。しかし、そもそも子どもは、夫婦2人のものです。

タツノオトシゴと違って、「妊娠」「出産」という大仕事を、人間の男性には代わることができません。ならば、産まれてきたあとの子育ての負担は、男性も積極的に引き受ける姿勢が必要かもしれません。女性も、

「仕事も家事も育児もパーフェクトに!」

と思い込まず、「夫婦の仕事」の役割分担を、見直してみてはいかがでしょうか?