「ボノボ」って知っていますか?・愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

ボノボはあまり知られていない動物ですが、チンパンジーと並び、進化の系統樹の中で、人類に最も近い類人猿です。アフリカ中央部に棲み、外見や大きさはチンパンジーに似ていて、樹上で暮らし、群れを作って生活します。果物や昆虫、小動物を食べる雑食性で、寿命は四十年くらいです。

日本の動物園でも飼育されておらずなかなか目にすることができない動物ですが、ヒトやチンパンジーといった近縁三種の中で、実はこの「ボノボ」には際だった特徴があるのです。

“同族殺し”をほとんどしない「ボノボ」

人類の進化

人類は戦争や殺人をします。チンパンジーにも子殺し、共食い、戦争などの行動が見られます。しかしボノボには、それらの「同族殺し」がほぼ見られないのです。その理由は、彼らが頻繁に、異性間・同性間でのセックスを行うからだと考えられています。つまりセックスによって、社会生活のストレスを軽減し、同族間のトラブルが発生しないようにしているようなのです。

チンパンジーのメスは発情すると陰部の性皮がふくらみ、交尾可能であることをオスに伝えます。そして、発情期以外にセックスすることはありません。これに対してボノボは、人類と同じように、外観から発情期を見分けることができず、通年でセックスします。また、ボノボはセックスの頻度も多く、しかも同性同士のセックスも頻繁に見られるのです。

ちなみにセックスと言っても必ずしも挿入を意味せず、「性器をこすりあわせる」「お尻をくっつけ合う」などの行動も含まれます。彼らは多様なセクシャル・コンタクトを楽しみ、それによって群れの平和を守っているのです。