「お見合い結婚」の歴史/ 愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

恋愛結婚は、愛情が揺らぐと関係が破綻しがちです。童話のようにお互いが大好きなままでいられるカップルも珍しいですからね。一方、おたがいの親同士が決めた結果であったとしても「家と家との結びつきとしての結婚」(以下、「結びつき婚」)は結婚=家と家を結ぶ大事な仕事という感覚があります。夫の浮気があったとして、そう簡単に仕事は辞められないのと同じで、結婚生活を止めるわけにもいきません。関係はゆらぎにくいけど、苦悩も大きいですね。

それでは「お見合い結婚」は…というと、「結びつき婚」のきっかけというだけでなく、興味深い歴史がありました。江戸時代の庶民の間ですら、恋愛感情だけが先走って結ばれてしまった結婚は「憧れ」どころか、当時の言葉で「浮気な結婚(ふまじめな結婚の意)」とさえ呼ばれ、NG視されていたのです。

明治になってからも、自由恋愛はまだまだ偏見で見られがちで、「お見合い」のシステムは充実する一方でした。西洋から輸入された最新技術・写真を使ってのお見合いも行われるようになりました(未婚の、それも見知らぬ男女が直接会う機会が本当に限られていたことがわかります)。1880年代には大阪、ついで東京で結婚相談所がビジネスとして大々的にはじめられ、「お見合い結婚」にもバリエーションが生まれていきます。