「お家でダブルベッドでラブラブ」は、多くの人の憧れ/愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」

愛知(名古屋)・岐阜・三重の女性専用出張性感マッサージは「イヤシワン」
1916年(大正5年)に大阪でオープンした飛田遊郭は、各部屋に日本では珍しいダブルベッドが標準装備された豪華設備がウリで、そこで遊女と甘い時間をすごしたお金持ちの男性が「ウチにも欲しい」といって、人気が出始めたそうです。

しかし当時の日本で、自宅でのびのびセックスできる夫婦はごく少数の富裕層だけでした。庶民の家は狭い割に空調設備も不十分で寒いのです。木造家屋は基本的に鍵のかからない部屋が中心ですし、いつ、誰に覗かれるか分からないのが恥ずかしかったので、セックスは(明治時代以前と同じく)お外で、後背位で、下半身だけ脱いでこっそりという感じだったのですね。

また、外ですることを前提としていることもあり、日本人の大半に全裸でセックスする習慣はありませんでした。ですから、お家でダブルベッドでラブラブというのは、現代とはまた違った意味で憧れだったのです。

これらの感覚は、一説に1965年(昭和40年)あたりの「ラブホテル」普及までは続いていたそうです。なお「正常位」とよばれるあの体位は、当時、スタンダードではありえませんでした。あの体位をなぜ正常と呼ぶようになったかの経緯は現在にいたるまで、明らかになっていません。